2011年

3月

31日

爪痕

今日は被災地上空を飛んで帯広に入りました。
機長のアナウンスではっとして、窓の外をみると、
海岸線から陸地に向かって駆け上がった真っ茶色の土砂。
それは毛細血管のように広がり気味が悪く、
逃げ惑う人々をしつこく追いかけ飲み込んでいった様子が脳裏に浮かぶようでした。
原発があの場所に無かったら・・
もっと沢山の救助チームが現地に入り、一人でも多くの命を救えたかもしれない。
先日はキャベツを出荷できなくなった福島の農家が自殺しました。
もうこれ以上周辺住民の生きる権利を奪わないでください。
私たちは安全なエネルギーを必要最低限使って生きていく術を
もう持ち合わせているのだから。

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学