2012年

3月

30日

十津川村モデルハウス・もうじきグランドオープン!

十津川村発注の地域産材を使った省エネモデルハウスの工事も大詰めです。今日は発煙筒を使った気密測定を行いました。気密測定には岐阜の森林アカデミーの辻さんが駆けつけてくださり、並行して建物の固有振動や地震時の強度に関する測定もしていただきました。肝心な気密測定の方ですが、やはり薪ストーブの煙突のつなぎ目など、改善個所が見つかり、また少し日を置いて測定し直すことになりました。このモデルハウスは奈良県農林部からの補助金も一部使用しているため、今日は県庁スタッフの現場視察もありました。このプロジェクトでは、ありとあらゆるところに十津川杉を使用しているだけでなく、土壁に断熱性能を足し合わせ、非定常解析の上、気密シートを用いずに建物に気密性能をもたせたり、基礎下にリサイクル発泡ガラスを断熱材として敷きこんだりと、低燃費住宅のカーボンフットプリント削減のための新しい試みが凝縮されています。パッシブハウスの冷暖房負荷をクリアしていますので、蓄熱薪ストーブ一台だけで冬は暖かく、2階のエアコン一台だけで夏は涼しく過ごせる設計となっております。

4月23日にグランドオープンいたしますので、皆さん是非お立ち寄りください。

近鉄大和八木からタクシーまたはバスで約10分、イオンモールの噴水広場前にあります。

 

十津川モデルハウスの詳しい情報はこちらをダウンロードしてご覧ください。

totsukawa-merged.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学