2012年

4月

16日

軽井沢パッシブハウス 構造見学会報告

4月13日(金)14日(土)の2日間、日本国内で6棟目となる軽井沢パッシブハウスにて構造見学会を開催しました。

  新幹線で東京から1時間ちょっとの軽井沢ですが、年間を通した気温変化は東京より北海道に近い場所です。セミナーが行われた14日は、雨が降り少し肌寒い日ではありましたが、たくさんのご来場者で会場はにぎわっており、建築中とは言え、断熱と気密がしっかりされた現場は、外の寒さとは違って、皆さんゆっくりとご見学いただいてました。

 

 キーアーキテクツ森によるセミナーは、軽井沢パッシブハウスの設計が、その土地柄を考慮してなされたことをグラフ等を用いて、分かりやすく講義されました。最後にお施主様の『パッシブハウスは(工法とかではなく)フィロソフィー(家つくりの考え方)だと分かりました』との言葉は印象的で、そこにいた一同の共通認識がもってた気が?します。今後の進行も楽しみです。

 

 市川保工務店ならびにマグ・イゾベールの皆さま、お疲れさま&ありがとうございました!

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学