2012年

5月

12日

自邸改修レポート

GW中は京都府の美山町から大工さんが鎌倉にやってきて、杉を使った伝統工法で薪置き場を作ってくれました。一応事前に設計図は渡しましたが、大工さんの都合で結構途中でいろいろ変わりました・・。臨機応変なのはプロの証拠?事前にある程度刻んではありましたが、3食昼寝付の現場で、8人工でした。さすがに早いですね。来週は鎌倉で創業80年の浅田板金さんが屋根を葺いてくれる予定。 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    河端昌也 (土曜日, 12 5月 2012 03:13)

    非常に興味深い仕口の加工ですね。せいの大きな杉は、最初は集成材かと思いました。杉でも結構広幅の材が入手可能なんですね。せいは大きく、幅は小さいフィーレンディールのすかし柱という構造的なメリハリが効いてて良い感じです。今度時間のある時に伝統構法の大工さんとのディテールの詰め方、コスト等、教えてください。

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学