2016年

9月

01日

「あたらしい家づくりの教科書」本日発売

キーアーキテクツの森も第三章で執筆させて頂きました!

お近くの書店で取り寄せ頂ければ幸いです・・・。

事務所に持参頂ければサインいたしますので(笑)。

こちら編集者による特設サイトです。

編集を頑張ってくれた暮らし方冒険家の伊藤さんと池田さん、そしてスタッフの皆さん、

本当にお疲れ様でした!

実は今回の出版企画ですが、私に執筆依頼が来た時点で、

新しい切り口が必要なのではと思い、

新建新聞社の三浦社長に、伊藤さんをご紹介いたしました。

伊藤さんはパッシブハウス・ジャパンのウェブサイトも手掛けてくれていて、

”絶対良い家が建てたい素人代表”みたいな存在です。

伊藤さんの奮闘のお蔭で、これまでの温熱ポルノを脱却し、

一般の人が手に取ってくれるるような一冊になったのではないでしょうか?

他の著名な皆さんと比べて、なぜか森の顔写真だけが馬鹿デカイのが気になります・・・。

 

そして今回、コラム用に年間暖房負荷30kWh/m2aの暮らしを実現するために

必要なUA値を全国で割り出しました(写真最右)。これ結構大仕事でした(汗)。

短時間で膨大な計算をこなしてくれた燃費ナビアドバイザーの夏見諭氏に感謝です。

住宅展示場やハウスメーカーを訪ねる際にも、必ずこの本を持参しましょう(笑)。

 

年間暖房負荷30kWh/m2aの家づくりは、キーアーキテクツの設計仕様の最低ラインでもあるかと思います。パッシブハウス基準は15kWh/m2aですので、このようなクラスの家を、欧米の人は”NearyPassive (ニアリーパッシブ)”と呼びます。

 

日本語訳すると”ChoiPa (ちょいぱ)”ってな感じでしょうか。

 

皆さんもちょいぱでストレスフリーな家族時間を是非。

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学