2019年

11月

04日

鍋の季節です!

さあ11月になりました。今年もあと2か月という事で、クリスマスも近づくと、なんとなくジビエとかが気になり始めて、肉の食べ過ぎに注意しなければ、なんて思う今日この頃ですが、少し寒くなると、まず早速鍋が食べたくなりますね。そして鍋ばかりやっていると、少し飽きてきて、今度はすき焼きとか、焼肉なんかも食卓で食べたいな、なんて。

それで私が毎年この季節になると、買う、買わない、買う、買わないと悩むやつが実はこれ。ダイニングテーブル上のシーリングライトに空気清浄機能が付いているクーキレイという商品。どなたか使ってみた方いらっしゃいますか?音の大きさとか、照明の照度とか、実際に体験してみたいなと思いますが、理想を言えば、最近キーアーキテクツの住宅設計でほぼ100%採用しているトルネックス社の電子式集塵フィルターの技術がここに内蔵されたら、フィルターも自分で洗浄出来るので無敵だな、と思う訳ですが・・。

 

我が家が焼き肉屋に行く頻度など、年に数回もなく、冬に食卓で囲むのはもっぱら鍋かチーズフォンデュ。家で焼肉パーティなんてのもやったことが無い訳ですが、外で焼肉を食べるくらいなら、大町商店街の美味しいお肉屋さんで上質なお肉を買って家で焼くのが一番良いだろうと考えるようになり、相変わらず気になるこの類の商品です。

2019年

11月

01日

ロングライフ・ラボ設立記念シンポジウム(続)

令和元年11月1日。東京の第一生命ホールにて、一般社団法人ロングライフ・ラボの設立記念シンポジウムが開催されました。この会の発起人であり代表理事の清水雅彦氏の尽力もあり、シンポジウムは有料であったにも関わらず、300人もの方にお集まり頂きました。

 

トップバッターの江崎禎英氏の基調講演は圧巻でした。こんなに出来る官僚が居るなら日本もまだ捨てたものでは無いかも?なんて思ってしまった程(笑)。そして石原新菜先生のお話もきっと皆さん心当たりがあることも多く、明日から生活を見直す人が続出する事は間違いありません!私は自身の断食体験や人参ジュースネタで10分を浪費した後、パッシブハウスの触りのお話をさせて頂きました。

地球環境のため、私たちの健康長寿のため、そして格差の無いフェアな社会のために、衣食住を含むライフスタイルの全てを見直す事が今求められていると感じます。そうして自らの健康で幸せな人生の終盤がイメージ出来て初めて、次の世代のサポートをしていく2周目(1周が60年です)の生き方にリアリティを感じられるのでは無いでしょうか?

 

住宅建設という、多くの人にとって人生最大の買い物に寄り添う建築士という職業ですが、もっともっと少額の買い物においても、皆さんの選択次第で社会を変えることが出来ることを、この団体を通じて沢山の方と共有していけたらなと感じています。

2019年

10月

21日

国際パッシブハウスオープンデー2019

今年も毎年恒例のパッシブハウスオープンデーの季節がやってまいりました。今年はキーアーキテクツ設計の物件は3軒の参加となりました。茅ヶ崎パッシブハウス、港北の家、そして今年竣工の栗東パッシブハウス「Wood Aerocraft」です。是非この機会にお立ち寄りください!見学お申し込みはこちらより。

2019年

10月

20日

ロングライフ・ラボ設立記念シンポジウム

2019年11月1日(金)13:30~

11月1日(金)に森みわが理事の末席を務めさせて頂く一般社団法人ロングライフ・ラボ主催のシンポジウムでお話させて頂きます。プログラムは基調講演の江崎さん、石原新菜先生、森みわと続きまして、温かい家に暮らして体を温め、人生の2周目(60歳からの60年!!)も元気に暮らしていこう!という壮大なメッセージとなりそうです。勿論、2周目の世代がいつまでも第一線に居座るのではなく、1周目の世代をサポートしていく、そんな未来が描かれるべきだと思います。そしてピープルツリーの鈴木さんをお招きしてのパネルディスカッション。どんな展開になるでしょうか? 誰も置き去りにしない社会に向けて、私達に何が出来るでしょうか? あなたと同じ志を持った人が3人見つかれば、社会は変えられる!そんなお話を、是非聞きにいらしてください・・・。

シンポジウム申し込み用紙
参加希望の方はこちらの用紙の2ページ目に必要事項をご記入の上、
主催者宛に送付をお願いいたします。
LLLシンポジウムご案内_FINAL.pdf
PDFファイル 1.4 MB

2019年

10月

16日

つくば里山住宅博が終盤です。

つくば里山住宅博は今月一杯で終了となります。キーアーキテクツが基本設計を手掛けた島田材木店施工のヴァンガードハウスは11月上旬に入居となりますため、急いで竣工写真を撮影いたしました。お天気に恵まれ、齋藤カメラマンがまた腕を振るってくれました。

左奥に堀部さん設計のヴァンガードハウス、右奥に伊礼さん設計のヴァンガードハウス。写真中央の建物から飛び出ている黄色いボックスが、キーアーキテクツ設計のヴァンガードハウスのアトリエ部分です。敷地の南側にはコモンスペースとしての緑地が広がっています。

今年は入居されたばかりで恐らく慌ただしく、11月上旬の国際パッシブハウス・オープンデーには参加しませんが、来年以降はもしかしたら見学のチャンスがあるかも知れません?ちなみに今年のキーアーキテクツは、韓国から来日するPHIKO(Passive House Institute Korea)の皆さんのアテンドのため、8日~9日で関西方面に参ります。従いまして、関東のオープンデーの物件では見学者の皆さんをお迎え出来ない事を、この場を借りましてお詫びいたします。

奥様のアトリエスペースのある黄色い木の箱が、コモンスペースに向かって配置されています。猫のアーロのためのおトイレが収納の中にあったり、子供部屋とロフトを繋ぐ階段がユニークだったり。なんだかとっても楽しい住宅が出来ました。年間暖房需要は18kWh/m2と、建物があと少し南を向いていたら、隣家との距離がもう少し離れていたら、パッシブハウス基準を満たしてしまうようなハイスペックな住宅です。屋根の太陽光発電で、日本のZEH基準もクリアしています。

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学