2020年

2月

15日

鎌倉友禅 meets SDGs

昨日オーストリア出張から戻りました森です。

 

さて、SDGsのピンバッジ、最近よく目にするようになりましたね。スーツにはピンバッジで良いのでしょうが、和服の時に使い勝手が悪く、帯留めにならないかな?と思案していたのが始まりでした。ちなみに写真の石原新菜先生は、マグネットタイプのバッジを付けていらっしゃいます。

 

私が暮らす鎌倉の大町には、鎌倉友禅の第一人者、坂井教人さんと娘さんの三智子さんがお住まいなのですが、地域に根付いた日本の誇る伝統技法で、丁寧にモノづくりしていく事、それ即ちSDGsの目指す社会ではありませんか!?という事で、今問題になっている、「ファストファッション」に対抗すべく、お忙しい坂井三智子さんに無理を言って、SDGsを私流に纏ってみることにいたしました。三智子さんはなんと、東京オリンピックに向けたイマジン ワン ワールドの着物プロジェクトで、フィジー共和国の振袖制作を担当されました。一方お父様の教人さんは、パラオシリア・アラブ共和国の振袖を製作されています。オリンピック開催までに213の参加国をイメージした振袖と帯が製作されるとの事です。

今回の企画のために、三智子さんはわざわざ帯用の反物を探してくださり、野蚕(やさん)から取った絹糸で織ったざっくりとした風合いの帯地を提案してくださいました。そして何度も打合せを重ね、柄の大きさや配置を検討する事が出来ました!

友禅ではまず防染といって、色を乗せない部分を糊で丁寧に伏せていきます。今回は生地が厚めなので、念には念を入れて防染されたそうです。

17つのゴールを掲げるSDGsのロゴは、17色で構成されており、その17色を手作業で調合しています。順番を間違えては大変と、全ての色に番号が振られていました!!

体の前に来る帯の柄は、同じ17色を使ったストライプにしてみました。乾くと若干色が薄くなるので、厳密に色を再現する事は本当に難しいのですが、それが手染めの良さであり、世界でひとつだけのモノづくりの贅沢だと感じました。何事も機械化され、同じ品質のものが早く大量に出来る時代だからこそ、手作りの価値が判るのかも知れませんね。

塗った直後はこんな感じ。ここから数日乾かした後、反物は京都に送られ、糊を落として頂きました。

これが手元に届いた反物です。SDGsのカラーホイールはどちらかというと「カワイイ」系なので、フォーマル用というよりも少しカジュアルな和装で、大島紬などにも合うようなデザインとして頂きました。これはもうたまりませんね!! これから東京の和裁士さんが帯に仕立てて下さります。もう出来上がりが楽しみで仕方がありません・・・。

 

勿論、日本人女性が皆和装になるべきとは思いませんが、先進国の女性のファッションが変われば、環境問題や途上国の貧困問題にもアプローチできる、そんな気がしています。

そして皆さん、私がこの帯を締めているのをどこかで見かけたら、必ず声をかけて下さいね(笑)。

 

SDGsを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください💛

2020年

2月

05日

新規相談会のご案内

次回の新規相談会は3月7日(土)を予定しております。

時間は午前の部(10時半~12時)または午後の部(13時~14時半)

の2組様限定とさせて頂きます。

ご希望の方はキーアーキテクツまでご連絡くださいませ。

なお、設計業務着手までは6か月~1年程お待ち頂く状況でございますので、

時間的余裕の無い方はパッシブハウス・ジャパンのHPより設計事務所または工務店を

お探し頂きますよう、お願い申し上げます。

 

2020年

1月

06日

2月の新規面会日のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。2020年が皆様が健康で穏やかに過ごせる一年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

さて、2月の新規面会日は2月8日(土)を予定しております。キーアーキテクツではお陰様で(現在人手不足という事もございますが)業務が大変立て込んでおり、新規の設計業務請負は半年以上先となりますが、土地をお探し中の方など、スケジュールに余裕のある方でしたらご相談承っております。

 

なお、面会の前には事前にファーストコンタクト・シートのご記入をお願いしておりますので、ご協力をお願いいたします。

2020年

1月

04日

SUMO向けインタビュー記事

先日森みわがパッシブハウス・ジャパン代表理事としてインタビューを受けた内容が記事になり、フリーマガジンSUMOに掲載されました。

 

年末から東京、神奈川、埼玉エリアの駅構内などに並んでいるせいか、やたらとパッシブハウス・ジャパンとキーアーキテクツにお問い合わせが多くなっております。ただ、とても急に面会を希望される方が多くて困っております。これは、TVなどで紹介された直後と似たような傾向です。

 

一番びっくりしたのは、12月24日にお電話を頂いて、「12月29日が出産予定日なので、28日に話を聞いて欲しい」というご要望(笑)。「申し訳ありませんが、ひと段落してからお越しください。」とお伝えさせて頂きました。

気になる内容ですが、断熱気密もパッシブデザインもまだまだ詳しくない記者さんが、一生懸命私の話に耳を傾けて記事にしてくださいました。ご自身も当事者として大変興味がおありなのだな、という事が判りました。これをきっかけに、パッシブデザインを要とした「地球と私に優しい家づくり」のすそ野が広がりますことを!

2020年

1月

03日

今年もゴミと化すカレンダー

こちらは京都の藍染の職人さんが製作したカレンダー手ぬぐい。素敵ですね。

今年も大量に捨てました。業者さんから一方的に送られてくる2020年のカレンダーと手帳。この場で書かせて頂きますけど、正直あれは資源の無駄です。

 

どうしても年末に心ばかりのお礼と自社の宣伝を、という事でしたら、手ぬぐいにして頂けますか? 社名入りでも構いませんが、こんなカレンダーデザインだったら重宝するのでは無いでしょうか?(森)

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学