2022年

9月

01日

建築生産(第三版)に掲載して頂きました

この度、建築新講座テキストの建築生産(第三版)で

キーアーキテクツ設計のパッシブタウン第三期のK棟をリノベーション事例として掲載して頂きました。出来るだけ沢山の方の目に触れる機会になれば光栄です。

編集者の皆様にもお礼申し上げます。

2022年

8月

20日

六花荘の夏野菜が元気です!

上田の工務店(本業はきこり?)の石巻さんに今年の5月頃に畑を作って頂きましたが、本当に本格的に作って頂いたおかげもあり、野菜たちが順調に収穫の時期を迎えています。

8月の前半はお化けきゅうりとお化けズッキーニがバンバン収穫出来て、もう食べるのが間に合わない位でしたが・・・。

8月の後半になるとズッキーニは急に小振りに。そこで今度は花を食卓の主役にしようということで、ブラータチーズをお花に詰めてフリットを作りました(どちらかというと天ぷら・・)。これがもう本当に美味でした! トマトはなかなか赤くならず、試しに緑色の状態のものも収穫してみましたが、日が経つと徐々に赤くなっていくのが楽しいですね。これからビーツが収穫できる日を楽しみに、本当に楽しい家庭菜園ライフです。

2022年

8月

19日

10年が経過した福岡パッシブハウスを訪ねました。

動画収録のためお盆中に急遽お邪魔することになりましたが、快く迎えて頂きました。この写真、実は竣工直後にお邪魔した時の風景です。うちの子が退屈しないよう、ピザ作りを提案してくださり、私は無事に業者さんとの打ち合わせを済ますことが出来た記憶があります。ドイツでこのキッチンを購入済みの状態から、福岡パッシブハウスの設計はスタートしました(笑)。

今も10年経ったとは思えない程、きれいに住んでくださっています。仕事柄、長期間家を空けることもあるご夫婦ですが、温熱環境が整っているせいか、建物の劣化が見受けられません。人にやさしい空間は、建材にもやさしいようです。局所的な熱い寒いが家の中に無いという事は、局所的に多湿になる場所も無く、結果的に見えない部分での結露やカビとも無縁で、木材の含水率が急激に変化することも無く、構造材も下地材も暴れが無いということになりますので、当然の結果ではありますが・・・。

いつものように美味しい自家焙煎のコーヒーをご馳走になり、今回は手作りのアイスクリームと果実のソースまで頂きました。Youtubeの動画撮影という本来の目的を忘れてしまう程、楽しいひと時をありがとうございました!

2022年

7月

29日

軽井沢は工事休止期間にはいりました。

今年の軽井沢町は例年よりも少し早めに8月の工事休止期間が始まりました。8月の軽井沢は別荘を利用する方が多く、静寂を皆で守るべく、7月下旬から8月一杯、町内での工事は禁止という潔さ(涙)。信濃追分の家の現場も大屋根の扇垂木が綺麗に取りついたところで、一旦工事は休憩に入ります。六花荘では野菜たちがあっという間に大きくなり、遂に食べきれずにピクルス作りが始まりました。こちらは少し位、休止して欲しいところなのですが(笑)。

2022年

7月

22日

原沙知絵さんの初書籍が発売です!

ファッション誌『GLOW』の連載「原沙知絵のLIEE is Journey!」でさまざまな道のプロと対談された女優の原沙知絵さんが、自身のヨーロッパでの暮らしで得た知識や経験と共に暮らしのヒントを紹介する著書がこの度発売となります。

 

「衣食住」すべてのバランスが整ってこそ、心身が整う、本当にその通りですね!

キーアーキテクツの森もChapter 4でパッシブハウス流の家づくりについてお話させて頂いております。

 

「心も体も心地よい 私のセルフケア習慣」は7月25日に宝島社から発売。

 

詳細はこちら

 

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学