2023年

1月

27日

続・蝦夷鹿の角ハンドル

年明けから鹿角ネタばかりでスイマセン(笑)。

向かいの革工房の齋藤さんが上手に角をカットしてくださいました!

切り落とした角はキーホルダーにしようか、どうしようか、悩み中・・・。

 

そして角には鹿革が巻かれ、一気にハンドルらしくなってきました!

昨年の鹿革の色選びも凄く難しくて、あまりワイルドになり過ぎないように、上品なクリーム色を選んだのですが、それを齋藤さんが細めにカットしてくれたので、

とっても上品な印象ですよね?!

鹿角を見慣れてしまった私の感覚がおかしいだけかもしれませんが(笑)。

この先は建具担当の坪原木工さんに委ねたいと思います💚

2023年

1月

07日

ガイアの夜明け出演のご案内

1月13日(金)放送の「ガイアの夜明け」にキーアーキテクツの森が登場いたします。その他大勢のパッシブハウス・ジャパンのメンバーも登場予定ですのでお楽しみに!

番組の公式サイトはこちら

<放送日時詳細>

番組名:

日経スペシャル ガイアの夜明け

「寒い冬を乗り越える! ~最新版・省エネ生活術~」

  

2023113() 22002254(予定)

 テレビ東京

BBCびわ湖放送、GBS岐阜放送、TSCテレビせとうち、TVAテレビ愛知

 TVHテレビ北海道、TVN奈良テレビ放送、TVOテレビ大阪、

TVQ九州テレビ、WTVテレビ和歌山 

 

121() 12001254

 日経CNBC(CS)

 

124() 22002254

 BSテレ東

 

○その他の地方局

 

  SBC             信越放送 ㈱      2023/01/28        16:0016:55

 

○ネット配信

・テレ東BIZ         地上波放送終了後~無期限

・パラビ           地上波放送終了後~1年間

・ネットもテレ東/TVer/GYAO 120日~127

 

TVerでは 地上波同時配信あり(リアルタイム 11322002254

 

 

2023年

1月

03日

蝦夷鹿の角ハンドル

新年あけましておめでとうございます。

2022年は本当に大変な一年でした。

なによりもお施主さんがとても大変な年だったかと。

そしてキーアーキテクツ史上でも一番大変だった年かもしれません。

でもおかげで「雨降って地固まる」年だった気がしています。

コロナ自粛もみんなそろそろ飽きてきて、冬眠から目覚めた熊のごとく、

沢山の素敵な出会いと発見のあった春のような年だったかもしれませんね。

 

さて、私は年末年始に溜まった宿題をこなすいつも通りの年越しなのですが・・。

これは本当に正月休みにやっつけないと!と思っていた大仕事の一つ。

知床の森に落ちていた蝦夷鹿の角を内部扉のハンドルに加工するのですが、この三次元の造形物を(しかも極力左右対称に)角度決めするという難易度の高いミッションです。いつもお世話になっている建具屋さんも、これに関しては責任を取りたくないということで(笑)、自分で決めなければならなくなり。

とりあえず無印良品で買ってきた台所用スポンジを挟んでヘアゴムでぐるぐる巻きにして、向きや角度を整えた後、やむなく切り落とす部分をレーザーで墨出し。これから大町商店街の革やさんに持ち込み、穴あけ加工&ハンドル部分には鹿革が巻かれます。今からもう出来上がりが楽しみ過ぎる訳なのですが、毎年春になると北海道の森の中で膨大な数の鹿角がフリーフォールするのですから、上手に活用したいですね。

続きを読む

2022年

12月

17日

土壁暖房パネルの施工が始まりました。

これなんだかわかりますか?

チクタクバンバンを連想するのは私だけ?

(歳がバレますね・・)

あの目覚まし時計のおっさん、せわしなくて本当に嫌いでした(笑)。

これは土をとてつもない高圧でプレスして製造されたパネルで、温水配管を効率よく巡らせるように掘り込みがついているものです。壁にビス止め(写真はワッシャーを併用)してこれからパイピングを行います。ヨーロッパでは天井に取り付けて冷水も流してしまうのですが、日本の気候だと結露の問題もあるので、暖房専用の使い方になるかと思います。パイピングの後、砂漆喰、ファイバーメッシュ中塗り、漆喰仕上げと進んでいきます。

ちなみに今回の温水壁暖房の熱源はペレットストーブです。キーアーキテクツ案件ではこれまでも何度か採用されている、イタリアのKlover社製で、燃焼エネルギーの8割以上が温水出力に回るため、パッシブハウスでは給湯利用がメインとなりますが、折角なのでちょこっと壁暖房をこの土壁パネルでチャレンジすることに。お楽しみに・・・。

 

ちなみにチクタクバンバンはこんな感じのゲームでした(笑)。

続きを読む

2022年

12月

11日

松江に導かれて

12月10日の島根県松江市での講演会の会場に向かう途中、運河沿いにレンガ造らしき雰囲気の良いカフェがあったので、ふらっと立ち寄った際の出来事です。

カフェオレを注文して窓の外を見ると(よりによって雰囲気ぶち壊しの網入り硝子!)、運河の向こうに石造の洋館が見えました。

その建物を眺めながら、そういえば島根県に長野宇平次設計の建築はあるのかしら?と思い立ち、スマホで検索したところ、なんと、まさに私が眺めていたその建物が、それであったという一大事でした!

続きを読む

森みわ共著「あたらしい家づくりの教科書」

2016年9月1日発売

アマゾンで絶賛発売中!

東日本大震災を経て、省エネな暮らしの大切さに多くの方が気付かれました。2012年発売の「図解エコハウス」。これまで沢山のお施主さんがこの本を握りしめて設計相談に来られました。温熱を勉強したい実務者の方も是非!

パッシブハウス・ジャパン
東北芸術工科大学